目次

企業が健康経営を推進していくうえで必要になってくるのが「産業医の選任」です。

産業医を選任することは「労働安全衛生法」「労働安全衛生法施行令」で定められた企業・法人の義務になっています。

 

■従業員数が50 名~3,000 名の事業場

→産業医を「1名以上」選任する必要がある

■従業員が数3,001 人以上の事業場

→産業医を「2名以上」選任する必要がある

 

労働者数が既定の人数に達した日から14日以内に選任しなければならないので、スピーディーな対処が必要です。

また、近年健康経営を推進していく企業が増えてくる中で産業医の持つ役割は年々増してきています。

 

パソナグループでは、健康経営サポートの一つとして産業医のご紹介をしております。健康診断の対応・ストレスチェック対応、感染症対策等、企業のニーズに合った業務範囲の産業医をご紹介させていただきます。

専属産業医、嘱託産業医のどちらもご紹介可能ですので、健康経営推進の一施策としてぜひ一度ご相談ください。

 

※専属産業医…常勤で事業所に専属した勤務を行う産業医。

 嘱託産業医…非常勤形態で勤務する産業医。

こんな課題をお持ちの方におすすめです

  • 課題 従業員の健康管理強化のため新たに産業医を採用したい
  • 課題 健康経営を推進してくれる産業医を採用したい
  • 課題 現在採用している産業医に関するコストを見直したい

期待できる効果

  • 最適な体制の構築が可能です。
    産業医と保健師・人事ご担当者の業務切り分けを通して、リーズナブルな体制構築をご支援させていただきます。
  • 確度の高いアドバイスが可能です。
    長く健康経営のご支援をさせていただいたパソナグループだからこそ、豊富なノウハウを活かし、産業医に任せるべき役割をご提案させていただきます。
  • 適切な産業医をマッチング可能です。
    全国約1,000名の登録者の中から企業・事業所に最適な産業医をご紹介いたします。

導入ステップ

サービス説明

・事業所ごとに産業医を選任し、適切な対応を進めていきたい。

・担当者と一緒に健康経営を推進してくれる産業医を選任したい。

・産業医を選任したいが、不明点が多いので相談したい。

 

上記のような様々なご要望に対してサポートさせていただきます。

是非一度お問い合わせください。

 

▼サービスHPはこちら

 

お問い合わせはこちら