「パソナエンゲージメント」で企業課題を可視化し、経営層とともに制度の再設計を実現

~データを活用した意識調査により、経営層が人事課題を認識、人事制度を変革~

 パソナエンゲージメント

「会社」、「チーム」、「従業員」の状態を3種類のサーベイで、課題の可視化、分析を行うクラウドサービスです。 5万名超のデータベースとの比較で客観的な分析が可能。シンプルな設計で利用しやすく、カスタマイズも可能。組織の状態把握から施策立案まで、短期間で実行できます。

 

◆導入先企業様

業界        :自動車部品製造会社

従業員数  : 約2000名 

導入製品/サービス :「パソナエンゲージメント」導入による企業課題の見える化

 

 

◆課題

社員のモチベーションが把握できていない

社員が適正に昇格しておらず、経営幹部の育成が遅延

 

人事部は、外部環境の変化に応じた人事制度・運用の改善を図りたい、という課題を抱えていました。しかし、人事役員・経営層はその必要性をいまひとつ感じられておらず、制度改善に踏み切れずにいました。経営層との意識を共有するためにも、現在の制度欠陥を明らかにし、経営層に課題を感じてもらう必要がありました。

 

 

◆エンゲージ(意識調査)導入後の効果

社員モチベーションの可視化
データ活用による企業課題の明確化

 

意識調査を実施することにより、人事制度の課題を明確にすることができました。社員が職場・労働環境に不満を抱えていること、キャリアアップに不安を感じていることを経営層も確認し、制度の変更に話を進めることができました。
最終的に企業理念・経営方針を評価制度に反映することによって、日常業務と評価のギャップをなくし、社員が納得できる制度設計ができたと感じています。

 

<調査結果アウトプットイメージ>

 

 

◆導入までの検討、現在の運用状況について

導入の際の懸念点
以前も同様の意識調査を行ったが活用することができなかったので、今回意識調査を行うにあたり、データの収集のみならず活用方法のフォローなどはいただけるのかが懸念点としてありました。


導入の決め手
細かな部分までデータとして提供していただけるため従業員が制度のどこに満足感・不満を感じているのかを一目でわかること、その後課題解決の部分までご支援いただけることが導入の決め手になりました。説明いただき費用対効果も高いと感じられたのも決め手の1つです。

 

 

◆今後の展望について

今回の意識調査によって明確になった人事制度の課題に対し、経営層とともに制度の再設計ができました。新たな人事制度が、社員にとって満足できる制度になっているかを比較検討するために、時期をみて改めて意識調査を実施したいと考えています。また、その他の課題も意識調査により浮き彫りになったため人材紹介、福利厚生サービス、評価者研修などのサービスも検討していきたいです。

 

 

▼「パソナエンゲージメント」サービスページはこちら

https://www.pasonagroup.biz/service/pasona-engagement