住民税年度更新事務支援サービス

目次

季節性の高い業務を、アウトソーシングの活用で効率化

毎年5月から6月にかけて発生する住民税の年度更新業務は、年単位で見ればルーティンワークですが、その時期にコア業務・通常業務が圧迫されてしまうという業務繁閑の課題となっております。また、各自治体で異なる通知書の処理や新税額のデータ作成、各事業所・社員個人への通知書発送など、煩雑な手続きが必要なことも、人事部門に大きな負荷をもたらします。

こうした課題を解決するために、住民税年度更新スポット業務のサービスを提供しています。税額改定にかかるデータ作成から個人向け通知書の封入・封緘・納品まで、高い作業品質での対応を実現し、お客さまの基幹業務の効率化をサポートします。

こんな課題をお持ちの方におすすめです

  • 課題 複数の自治体から届く税額通知書の形式がまちまちで、処理に労力がかかっている
  • 課題 従業員数や事業所数が多いため、住民税に関する業務量が膨大
  • 課題 特定の時期に集中する業務に対応できるだけの余裕が人事部門にない

期待できる効果

  • 季節性の高い業務の作業負荷をアウトソーシングによって軽減でき、コア業務への集中を実現します。
  • 各従業員の住民税の月額を給与計算に反映する手続きを、滞りなく行うことができます。
  • 自治体からの通知書が届いていないなどのチェックも漏れなく行うことができ、高い品質で業務を遂行できます。

サービスの特徴

  • 各自治体から到着した通知書の開封・内容確認業務から納品まで一括で対応いたします
  • お客さまからご支給いただく対象者データや納品フォーマットに従って個人別控除データの作成を行うため、正確かつ迅速な給与システムへのインポートを実現いたします
  • 個人用通知書の封入・封緘まで行い納品するため、スムーズな配布が可能です

導入ステップ

 

▼住民税・年末調整業務などの事務BPOに関するサービスはこちら

 

お問い合わせはこちら