Habi+(習慣化プログラム)

目次

「健康経営」に注力する企業が増えてきている中で、多くの従業員がテレワークとなっていることもあり、全社的な健康意識の醸成やコミュニケーションを活発にするための健康づくりの施策の実施が難しくなってきてはいないでしょうか。

 

パソナグループでは、そのような課題に対し、全社で健康づくりに取り組む「習慣化プログラム」をご提案しております。

従業員の健康づくりを、習慣として定着させることを目的とするプログラムとなっております。

従業員1人1人がeラーニングで自らの課題やアクションを学び、各自で宣言した改善アクション内容に3週間取り組むので、無関心層も含め、従業員が取り組みに意欲的になり、最後まで持続できるようになります。

 

(eラーニングのテーマ一覧)

 

従来の施策に比べて従業員の参加率が3倍になり、行動変容割合も87%を記録するなど各種データからも効果が裏付けられています。

ぜひ一度お問い合わせください。

こんな課題をお持ちの方におすすめです

  • 課題 健康経営に関する施策にいつも参加しない無関心層を巻き込みたい。
  • 課題 テレワークで職場のコミュニケーションが減ってしまった。
  • 課題 従業員に負担をかけずに気軽に楽しく取り組める施策を探したい。

期待できる効果

  • 健康経営施策への従業員の主体的な参加の促進が可能です。
    運動・食事・睡眠・嗜好など複数のジャンルから、個人の興味・関心に沿った学習内容や取り組みを選択できるため、従業員が主体的に参加することが期待されます。
  • コミュニケーションの活発化が実現可能です。
    自身の取り組みを宣言した後、同僚と一緒に取り組むことができるので、社内に「健康づくりの輪」が広がります。
  • 従業員の意識・行動が変わり習慣として定着させることが可能です。
    プログラム終了時に、優秀者に特典プレゼントや表彰を行うことで、社内の文化として醸成させます。

導入ステップ

サービス説明

・シフト勤務の従業員も参加でき、多様な生活習慣課題に対応できる施策を検討している。

・ウォーキングイベントをより盛り上げると共に、運動以外の健康づくりについても従業員に発信していきたい。

 

上記のようなご要望に合うように、事前準備から効果検証まで「健康経営の手本となる企業」にも選ばれているパソナグループがトータルでフォローいたします。

https://www.pasonagroup.co.jp/news/index112.html?itemid=3783&dispmid=798

 

会社全体を巻き込んで施策を打っていきたいという企業様はぜひ一度お問い合わせください。

 

詳細はこちら↓

https://www.pasona.co.jp/clients/service/healthcare/servs/program/

お問合せ

パソナグループでは、新型コロナ対策や働き方改革に向けて、DXの推進支援を行っています。
今抱えている課題にマッチするサービスがあるか知りたい、サービスの詳細な内容、見積もり、納期のご相談など、どうぞお気軽に下記フォームよりお問合せください。
お送りいただいた内容に基づき、担当者よりご連絡いたします。