組織を活性化させる「キャリア形成サポートセンター」

目次

株式会社パソナでは、厚生労働省より『令和3年度キャリア形成サポートセンター事業』を受託し、運営しております。

キャリア形成サポートセンターでは、従業員のキャリア形成、能力開発支援に取り組みたいという企業・団体等に対し、ジョブ・カードを活用した様々なキャリア形成支援(キャリア研修やキャリアコンサルティング、セルフ・キャリアドック導入等)を無料で行っています。

従業員一人ひとりの自律的なキャリア形成促すとともに、そのキャリア目標や自己成長を企業側も支援することで、組織の活性化、生産性向上などにも繋がると考えます。

 

【背景】

日本の労働社会は、「組織による労働者のキャリア形成」から「労働者自身によるキャリア形成」へと、そのスタイルを変化させつつあります。

改訂職業能力開発促進法(平成28年4月1日施行)では、労働者自身が職業生活設計と職業能力の開発・向上を行うだけではなく、事業主が労働者のキャリアコンサルティングを受ける機会の確保等の援助を行うことが謳われました。

 

厚生労働省委託事業のキャリア形成サポートセンター事業では、労働者へのジョブ・カードを活用したキャリアコンサルティング実施の機会を提供し、働く個人のキャリア形成と企業の組織活性化を総合的に支援しております。

 

※ジョブ・カードとは

これまでのキャリアを振り返り、経験から得たことや、活かせる能力・強みなどを整理することで、今後どのようなキャリアを歩みたいかを考えるためのツールです。社内でのキャリア形成やキャリア選択の場面でジョブ・カードの作成が役に立ちます。

こんな課題をお持ちの方におすすめです

  • 課題 若手社員の主体性・積極性を高め、離職防止や定着を促進したい
  • 課題 管理職や中堅社員のモチベーションを高める施策を打ちたい
  • 課題 雇用延長や定年廃止の制度に伴い、ミドル・シニア層の社員のモチベーション維持やセカンドキャリア支援に何をしたら良いか知りたい

期待できる効果

  • 採用強化・マッチング向上
    ジョブ・カードを応募書類とすることで、履歴書だけでは理解しにくい応募者の強み、キャリアの方向性、職業能力などを理解しやすくなります!
  • 人材育成・人事評価制度の充実
    ジョブ・カードの活用やセルフ・キャリアドックの導入により、定期的なキャリア開発や職業能力開発が実現できます。若手・中堅社員の研修制度が整備されていない企業においても、計画的な人材育成と能力評価が可能になります。
  • 従業員のモチベーションアップ・定着促進
    キャリア研修やキャリアコンサルティングなど、キャリア形成支援を行うことで、今後のキャリアパスを見通し、今の仕事の意味や価値を理解することができます。仕事や能力開発への意欲を高め、定着を促進する効果が期待できます。

導入ステップ

サービス説明

※実施にあたって、費用は発生しません。無料で相談・支援が受けられます。

※本事業は、国の予算の範囲内で実施するため、一定の上限等があります。キャリアコンサルティングが無料となる対象についてはキャリア形成サポートセンターまでお問い合わせください。

 

▼資料ダウンロードはこちら

https://www.pasonagroup.biz/document/48

 

▼キャリア形成サポートセンター事業のさらに詳しい内容はこちら

https://carisapo.mhlw.go.jp/corp/?utm_source=pasonagroup.biz_service&utm_medium=banner&utm_campaign=pasonagroup.biz

 

お問合せ

パソナグループでは、新型コロナ対策や働き方改革に向けて、DXの推進支援を行っています。
今抱えている課題にマッチするサービスがあるか知りたい、サービスの詳細な内容、見積もり、納期のご相談など、どうぞお気軽に下記フォームよりお問合せください。
お送りいただいた内容に基づき、担当者よりご連絡いたします。